Japanese Section, ILA, Tokyo Institute of Technology [Japanese]
[English]

[2017] 大学院日本語科目[English]                             

大学院日本語科目 2017



大学院日本語科目は、文系教養科目の400,500,600番台として開講されています。そのため、修士課程・博士課程の留学生は日本語科目を履修することで単位要件を満たすことができます。研究生は、授業を履修することができますが、単位は取得できません。 例外として、日本国内の大学(東工大を含む)の学部を卒業した学生や、開講科目よりも日本語能力が高いと判断された学生は、クラスを受講することができません。
  • 注意:クラス予約する時プレースメントテストを受ける時、 必ず日本語のアカウントで登録したメールアドレス、パスワード、 学生番号でログインしてください。 よく説明を読んで行ってください。

    
  • To see Japanese classes time table : Quarter1 Quarter2 Quarter3 Quarter4
  • To see a list of Japanese classes : Click here!
  • To check your final scores of last quater : Click here!


  • A. クラス開始日:

    2017年9月(第3クォータ)の日本語科目の授業開始は10月2日です。
    日本語クラスの受講予約は9月21日(木)から開始します。

    Note:第3クォータ:2017年10月2日~11月27日
       第4クウォータ:2017年11月30日~2018年1月30日


    B.日本語科目の予約・登録方法の流れ
  • 1. アカウントを作成してください。 http://cuckoo.js.ila.titech.ac.jp/~yamagen/regist-h/

  • ※学籍番号が変わった時は(研究生から修士に進学、または修士から博士に進学した場合)、system@js.ila.titech.ac.jp にメールを送ってください。
    ※ 研究員・教員等で東工大の学生IDを持っていない場合は、件名[ID request]、名前・東工大での身分・所属研究室・東工大の滞在予定期間を書いて、system@js.ila.titech.ac.jp に連絡してください。

  • 2. 『日本語クラス予約システム』にログインしてください。
  • http://js.ila.titech.ac.jp/~web/japanese
    東工大で初めて日本語クラスを受講する場合は、オンライン・プレースメントテストを受けてください。

  • 3. 自分の日本語レベルに合ったクラスを選択してください。
  • ※ 第3クォータの科目を申込む時に、第4クォータの科目も一緒に申込んでください。ただし、来日時期や研究の都合で同時に申込みができない場合は、1クォータだけ授業を申込むこともできます。
    ※ クラスには定員がありますので、登録は早めに行いましょう。定員をオーバーした場合、Waitingリストに登録され、授業に参加できません。
    <クラス登録の優先順位>
    1.大学院生(修士・博士)で日本語授業開始日までに予約した学生 (早く予約した順に優先順位が高くなります。)
    2.研究生
    3.研究員
    (大学院生以外(研究生・研究員)は決められた日までは、これらのクラスに申し込んでも自動的にWaitingリストに入ります。決められた日以降は、クラスに空きがあれば申し込み順に登録されます。通年、Waitingリストの学生も遅れてクラスに参加することができますが、今後学生数が増えた場合、その保証はできません。)

  • 4.受講予約したクラスに出席する
  • 第1回目の授業には必ず参加してください。日本語レベルが授業に合っていれば、登録完了です。日本語レベルが授業にあっていないと判断された場合、授業担当講師から受講を断られる場合があります。その場合は、講師から適切なクラスへの案内がありますので従ってください。
    ※ 第1回目の授業を無断で欠席した場合、事前に受講予約をしていたとしても受講予約がWaitingに変更されます。Waitingリストに入ると、クラスには参加できません。
    ※ 他の学生がキャンセルした場合、Waitingが解除され、登録したメールアドレスに受講許可の通知が届きます。メールが届いたら、授業に参加してください。

  • 5.教務Webシステムで履修登録する(単位が必要な学生のみ)
  • 単位が必要な場合は、第1回目の授業に参加して担当講師に受講が認められた後に、教務WEBシステムで科目の履修登録をしてください。これは単位取得のために必ず必要です。研究生など単位が不要な場合、教務WEBシステムへの登録は不要です。教務WEBシステム:http://portal.titech.ac.jp 日本語科目(600番台)の登録について 600番台の科目を登録したい学生は、事前に『日本語クラス予約システム』で自分のレベルに合ったクラスを受講予約する必要があります。第一回目の授業で、登録した科目の先生に「600番台のクラスとして登録したい」と伝えてください。受講が認められたら、出席している科目ではなく教務WEBシステムで”Japanese Culture and Language”科目の履修登録をしてください。

    C.登録したクラスをキャンセルする場合
    日本語クラス予約システム」から、自分で速やかにキャンセルをしてください。他のwaitingの学生が授業に参加できるようになります。
    日本語クラス予約システム」からログインし、『Clear』ボタン を押して、選択した授業の選択を解除し、『submit』をクリックしてください。登録が解除されます。

    D.試験の点数・成績に関して
    「日本語クラス予約システム」の『Final scores』をからログインすると、試験の点数が確認できます。成績は【合・否】で判定されます。

    E.受講レベルの上がり方
    Regular class (”Basic Japanese”や”Intermediate Japanese”)を受講して合格すると、一つ上のレベルに進みます。TOJをいくつ受講しても、上のレベルには上がりません。

    F.日本語科目・受講予約での、Waitingと優先順位について
    クラスには定員があるため、定員がオーバーした場合,Waitingとなります。Waitingになった学生は授業に参加できません。他の学生がキャンセルした場合,Waitingが解除され、登録したメールアドレスに受講許可の通知が届きます。メールが届いたら、授業に参加してください。

    <優先順位>
    1.大学院生(修士・博士)で日本語授業開始日までに予約した学生(早く予約した順に優先順位が高くなります。初回授業に出 席しなかった学生は優先順位が研究生・研究員より下になります。) 2.研究生 3.研究員
    ※ 大学院生以外(研究生・研究員)は決められた日までは、これらのクラスに申し込んでも自動的に WAITING LIST に入ります。決められた日以降は、クラスに空きがあれば申し込み順に登録されます。

    G. 教科書について
    教科書は第1回目の授業で、授業担当講師から説明があります。
    大岡山キャンパスでは4月中旬/10月中旬に西1号館で教科書販売を予定しています。
    すずかけ台キャンパスの学生は、すずかけ台生協で購入するか、各自で用意してください。

    H. 連絡先
    1. Coordinator for beginner courses
    2. Related course: Basic
      basic@js.ila.titech.ac.jp

    3. Coordinator for intermediate courses
    4. Related course: Intermediate Japanese, Topic oriented Japanese 10~, 20~, 30~
      intermediate@js.ila.titech.ac.jp

    5. Coordinator for advanced courses
    6. Related course: Advanced Japanese, Topic oriented Japanese 40~
      advanced@js.ila.titech.ac.jp

    7. Japanese Class On-line System (Information about the reservation system, ID issue (researcher)
    8. system@js.ila.titech.ac.jp

      If you do not have a Tokyo Tech student ID, send an e-mail to system@js.ila.titech.ac.jp with subject “ID request” with the following information in the body text. “Your name, laboratory name, status in Tokyo Tech, planned period in Tokyo Tech”

    9. Web Services for Student and Faculty
    10. Graduate Group, Student Division:  kyo.dai@jim.titech.ac.jp

    PAGE TOP